太陽光発電で節税

太陽光発電システムにかかる2つの税金

太陽光発電システムの取り扱い業者は多く、独自のサービスを取り入れているところもあり、なかなか選ぶのが大変な作業となります。

そんなときに便利なのが、必要な条件を入力するだけでそれに近い業者をピックアップできる見積もり一括サイトです。
太陽光発電システムは個々の家の状態に合わせたオーダーメイドシステムになるので、同じ条件で比較検討しなければいけないので、これは比較的楽といえます。

見積もりをお願いすると、大きく分けて商品代と工事代金・諸経費それぞれの金額で提示されます。
商品代には、太陽光発電パネル・パワーコンディショナー・接続箱・専用ケーブル・カラーモニター・売電用メーターといった、太陽光発電システムを構築するのに必要な項目が。工事代金・諸経費では、パネル設置用架台・屋根取り付け工事費・電気配線工事費・補助金代理申請代金・その他申請費用・運搬費など諸経費が。これらの内容は設置業者によって若干の違いがあるので、しっかりと見積もり書の内容は確認したいものです。

また、見積書の書き方もチェック。
しっかりと誠意ある見積書は、細かい項目まで記載しています。逆に、一式といった感じにまとめてしまっていて、その中になにが含まれているのかがわからないような見積書は、ちょっと信用するにも難しいものに。後者の場合は、ちょっとやめておいた方がいいかもしれません。