太陽光発電のデメリット

太陽光発電システムのここに注意!

250

クリーンでエコなエネルギーとして注目されている太陽光発電システム。
設置するのもそう難しくなく、一般家庭でも屋根に設置するので邪魔になりません。

余った電力は電力会社に買い取ってもらうことができるし、思わぬ停電の際にも非常用電源として使うことができると良い事ずくめ。
騒音はもちろん、有害物質を排出することがないので、人だけでなく環境にも優しい発電システムといえます。

まさに良いことだらけに思える太陽光発電ですが、メリットがあればデメリットもあるもの。
太陽光発電にもデメリットは存在します。

では、太陽光発電におけるデメリットとは一体どういったものなのでしょうか?

①費用が高額

システムの規模によって違いはありますが、その設置費用は大体数百万円といった高額なものとなります。
また、電力を売電できるとはいえ、それはあくまでも電力が余った場合です。
家庭の使用状況によっては、逆に不足して電力会社から購入することになります。

②天候や土地柄によって左右される

太陽の光から電力を生産するので、太陽が出ていない夜間は電力を作ることができません。
また、昼間であっても曇りの日や雨が降っている時はそこまで生産することができないのです。
大体、曇りの日では晴天時の3~5割ほど、雨の日では1割あるかないかぐらいになるそうです。
天候によって左右されるので、梅雨時などは厳しいことも予想されますし、雪が降る地域ではさらに厳しいものとなるでしょう。

③家の寿命よりかは短い

太陽光発電システムでの寿命は、大体10~20年といわれています。
ちなみに、メーカーの保障期間はほとんどが10年。
ですから、家の寿命よりも早くになんらかの不具合を発生させてしまうこともあるのです。

④え!?雨漏り

ソーラーパネルを屋根に取り付ける際。
原因はさまざまですが、施工ミスにより雨漏りなどを生じてしまうケースが報告されています。
ソーラーパネルは総重量数百kgといった重さがありますので、屋根の素材や老朽化具合によっては補強工事が必要となることもあるのです。

⑤悪徳業者の増加

太陽光発電システムの人気と同じくらいに増えているのが、悪質は訪問販売や詐欺まがいの悪徳業者です。
施工ミスがあっても修繕に応じない、または連絡がとれなくなるといったことも実際に起きています。
施工内容や価格はもちろん、保障内容、定期点検などの確認はしっかりとおこなわずに、
相手のいうことだけを鵜呑みにしてしまうと大きな失敗を招くこともありますのでご用心!